Musical Theater Japan

ミュージカルとそれに携わる人々の魅力を、丁寧に伝えるウェブマガジン

柴田麻衣子の連載エッセイ『夢と夢のあいだ』Vol.10“となりの神田川”

新進気鋭のプロデューサー、柴田麻衣子さんの連載エッセイ第10話をお届けします。上京してから15年、ずっと神田川の近くに住んでいるという柴田さん。見慣れた風景を通して彼女が今、思う事とは…?

2020年3月のミュージカルPick Up

多くの舞台が中止・延期を余儀なくされている昨今ですが、微かな希望を以て上演予定の作品もあります。その中から、ここでは『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、そして来月初旬に無料配信されるミュージカル・ライブの情報をお届けします!

演出家に訊く『ボディガード』日本版の見どころ

大スターとボディガードの恋を描くロマンティックなサスペンス映画を舞台化、個性の異なる柚希礼音さん、新妻聖子さんがヒロインをダブルキャストで演じることでも話題の『ボディガード』。演出のジョシュア・ベルガッセに、日本版ではどんなプランを抱いて…

作品を“反芻する”愉しみ~『Hundred Days』「観劇を深める会」レポート

実在する男女の愛の軌跡を描くロックミュージカル『Hundred Days』を鑑賞し、プロデューサーを囲んで感想を語りあう「観劇を深める会」が先月、開催。ミステリアスな本作を参加者の方々はどうとらえたでしょうか、和やかにして濃密なひとときの模様をレポー…

麻実れい、22年ぶりのミュージカル《輝きの人インタビューvol.3》

宝塚歌劇団トップスターを経て、長くストレート・プレイで活躍していた麻実れいさんが、『アナスタシア』で22年ぶりにミュージカルに帰ってきます。出演を決めた理由から来年50周年という芸歴、“演じるということの喜び”まで、たっぷりお話下さいました!

『アナスタシア』木下晴香インタビュー:“私”を探して光の世界へ

同名のアニメ映画をベースとして、記憶をなくしたヒロインが強い意志を持って“自分探し”の旅に出る様を描いた『アナスタシア』の日本初演キャストに迫るシリーズ第三弾は、アーニャ役の木下晴香さん。稽古でより鮮やかに見えてきた本作の魅力をたっぷり語っ…

『ウエスト・サイド・ストーリー』永野亮比己インタビュー:“不良”少年たちに救いはあるのか

ロングランを続ける『ウエスト・サイド・ストーリー』Season2で、ジェッツの副官アクションを演じ、卓越したダンスと骨太の演技を見せている永野亮比己さん。2幕では彼らが不良少年とならざるをえなかった事情を自虐的に歌い上げていますが、本作の悲劇の発…

『ウエスト・サイド・ストーリー』廣瀬友祐インタビュー:愛する者を守るために

ミュージカルの代名詞とも言われる名作『ウェスト・サイド・ストーリー』が、360度回転劇場でロングラン中。そのSeason2でベルナルドを(wキャストで)演じている廣瀬友祐さんにインタビュー。あの有名な振付の意味など、目から鱗のエピソードをうかがいまし…

『アナスタシア』内海啓貴インタビュー:“成長”の物語に自身を重ねて

同名のアニメ映画をベースとして、記憶をなくしたヒロインが強い意志を持って“自分探し”の旅に出る様を描いた『アナスタシア』の日本初演キャストに迫るシリーズ第二弾は、ディミトリ役の内海啓貴さん。グランド・ミュージカルには初出演ということで気合十…

『アナスタシア』葵わかなインタビュー:“背中を押してくれる”おとぎ話

混乱の時代に希望を持ち、力強く生き抜くヒロインを描いた大作『アナスタシア』が遂に日本に上陸。インタビュー特集第一弾として、ヒロイン、アーニャをダブルキャストで演じる葵わかなさんが登場。この役を熱望した理由、ミュージカルへの思いを語っていた…

2020年2月のミュージカルPick Up

ヴァレンタイン・デーの季節にぴったりなロマンチック・ミュージカル『とってもゴースト』が映画化、15日から限定公開。主演の安蘭けいさんに作品への思いを伺いました!

溢れる愛を叫ぶロック・ミュージカル『Hundred Days』藤岡正明・木村花代・桑原まこインタビュー

不器用な男女の愛の軌跡を、フォーキーなパンクロックで綴るミュージカル『Hundred Days』。とびきりユニークな舞台の魅力を、日本初演を担う藤岡正明さん・木村花代さん、そして音楽監督の桑原まこさんにうかがいます!

『CHESS』佐藤隆紀インタビュー:“奇跡の舞台”の語り部として

東西冷戦下の男女の愛を描く『CHESS』新版が国際的な布陣で誕生。この舞台でストーリーテラー的な役割を演じる佐藤隆紀さんに、大阪公演終了直後にインタビュー。「奇跡の舞台」の裏側をたっぷり語っていただきました。

柴田麻衣子の連載エッセイ『夢と夢のあいだ』Vol.9 “世界の終わりから21年”

新進気鋭のプロデューサー、柴田麻衣子さんの連載エッセイ第9回は、多くの人々が成長の過程で経験する(であろう)「漠然とした不安」について。柴田さんが舞台の世界に足を踏み入れたきっかけがぎゅっと凝縮されたエッセイです。

2020年1月のミュージカルPick Up

謹賀新年、今年もMusical Theater Japanを宜しくお願いいたします。今月はLA発の問題作『bare』日本再再演に注目、その音楽的な魅力を田村良太さん、林アキラさんにうかがいました!

『ドリームガールズ』開幕直前特集(上海公演観劇レポ、キャストインタビュー、バックステージ探訪)

「スターになる」夢を抱いて奮闘する女性たちを描く人気作『ドリームガールズ』4度目の来日が実現!来日直前、上海公演の模様を「観劇レポート」「キャストインタビュー」「バックステージ探訪」の3部構成でお伝えします!

『フランケンシュタイン』観劇レポート:崇高な魂、美しき友情の悲劇

メアリー・シェリーのゴシック小説を大胆な解釈で舞台化し、3年前の日本初演が大きな話題となった『フランケンシュタイン』が待望の再演。さらに人間ドラマとしての醍醐味が加わった舞台をレポートします!

ラミン・カリムルーが語る『CHESS』:芸術が世界のために出来ること

冷戦に翻弄される男女のドラマを描いた傑作ミュージカル『CHESS』が、国際的なキャストで英語上演。画期的なプロジェクトでキーパーソン、アナトリーを演じるのが世界的なスター、ラミン・カリムルーです。作品の魅力、演技への思いなど、たっぷり語っていた…

『デスノート』パク・ヘナ インタビュー:落ちてゆく“砂”のイメージ

天才高校生と探偵の攻防を描くオリジナル・ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』の最新版に、唯一、韓国版から迎えられたパク・ヘナさん。人間界を眺める死神レム、という特異な役を演じる醍醐味など、じっくりうかがいました。

『シャボン玉とんだ 宇宙(そら)までとんだ』観劇レポート:夢を持ち続け、愛しぬくことの輝き

等身大の男女の恋が壮大な物語に発展してゆく音楽座の代表作が、井上芳雄さん主演でシアタークリエに登場。初演でヒロインを演じた土居裕子さんほか、本作をこよなく愛する方々の参加を得て実現した奇跡の公演をレポートします!

『ファントム』観劇レポート:“不器用な愛”が交錯する、もう一つの“オペラ座の怪人”譚

ロイド=ウェバー版などいくつかの“オペラ座の怪人”ミュージカルがある中でも、主人公の内面に深く迫る『ファントム』が、城田優さん演出で登場。終幕まで場内が息をのんで見つめた舞台を、wキャスト双方の写真を交えてレポートします。

スーパーオペラ『紅天女』開幕直前特集

ミュージカル・ファンにも広く知られる『ガラスの仮面』の作中劇『紅天女』が、作者・美内すずえさん自身の監修・脚本でオペラ化。wキャストでヒロインを笠松はるさんが演じることでも話題の舞台を「音合わせレポート」「作曲家コメント」「笠松はるさんイン…

『シャボン玉とんだ宇宙までとんだ』土居裕子インタビュー:新たな時代の幕開けに

音楽座の代表作の一つ『シャボン玉とんだ宇宙までとんだ』が、シアタークリエに登場。初演から長くヒロインを演じ、今回、宇宙人役で本作に戻ってきた土居裕子さんに、初演時のエピソードや今回の稽古の様子をじっくり語っていただきました!

2019年12月のミュージカルPick Up

気ぜわしい年の瀬、観劇で一息つくのはいかがでしょうか。この時期にぴったりの佳作『A Civil War Christmas』を、原慎一郎さん・麻尋えりかさん・加藤潤一さんへのインタビューを交えてご紹介します!

『フランケンシュタイン』中川晃教インタビュー:一筋の光を信じて

フランケンシュタインの悲劇を「一人二役」という演劇的趣向と壮大な楽曲で描き、17年の日本初演が大きな話題を呼んだ『フランケンシュタイン』が、待望の再演。初演に続いて科学者ビクターを演じる中川晃教さんに、本作を代表する大曲へのアプローチなど、…

『フランケンシュタイン』加藤和樹インタビュー:友情という名の永遠

新春の話題作『フランケンシュタイン』でアンリ/怪物役を演じる加藤和樹さん。壮絶な体験だったという前回の公演を経て得たこの役・作品への深い洞察、そして近年のご活躍など、じっくり語っていただいたロング・インタビューをお届けします!

ダンスへの誘い:遊び心満載、“絵本のような世界”を紡ぐ CAT-A-TACクリスマス公演

ふだんはミュージカルを見慣れた私たちですが、たまには「歌わず、動きですべてを表現する」ダンスも観てみませんか?遊び心いっぱいのノンバーバル・ストーリーダンスで人気のカンパニー、CAT-A-TAC(キャットアタック)をご紹介します!

『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』観劇レポート:コミカルな味わい一層、“人の絆”の物語

クラブ歌手と修道女たちの「ありえない出会い」をA・メンケンの極上の音楽とともに描き、各国で人気を集める『天使にラブ・ソングを』。続投キャストと新キャストが絶妙な化学変化を起こしている日本版最新公演をレポートします!

海宝直人インタビュー『ロカビリー・ジャック』新境地に挑む

もうすぐ開幕『ロカビリー・ジャック』出演の海宝直人さん。海外の大作に続々出演する傍ら、オリジナル作品にも意欲的に取り組む彼が、本作ではこれまでに演じたことのないタイプの役に挑戦。刺激的な現場について、表現者としての「今」について、たっぷり…

柴田麻衣子の連載エッセイ『夢と夢のあいだ』Vol.8“29歳のクリスマス”

新進気鋭のプロデューサー、柴田麻衣子さんの連載エッセイ第8弾は、柴田さんが小学生の頃に強い印象を受けた「あのドラマ」のお話。そのころ眩しく見えた年齢を実際に迎えた時、胸に去来したものとは…⁈