Musical Theater Japan

ミュージカルとそれに携わる人々の魅力を、丁寧に伝えるウェブマガジン

『いつか~one fine day』観劇レポート:“偶然の絆”が“永遠の癒し”に変わるまで

等身大のキャラクターを通して「生きる」ということを真摯に見つめるミュージカルが誕生。思いに溢れた舞台の魅力をレポートします!

19年5月のミュージカルPick Up

新緑の季節の気になる舞台をリストアップ。読者招待もありますのでお見逃しなく!

『カモメに飛ぶことを教えた猫』観劇レポート:“慈しみの心”溢れる新作ファミリーミュージカル

劇団四季にとって26年ぶりとなる新作オリジナル・ファミリーミュージカルが遂に開幕、児童招待公演を中心に全国巡演中です。動物たちの物語を通して伝えられるそのメッセージとは?

『レ・ミゼラブル』観劇レポート:濃密にして疾走感漲る魂のドラマ

1987年の日本初演以来、上演の度にセンセーションを起こしているユゴー原作の人間ドラマにして“ミュージカルの代名詞”が、再び開幕。一部に新キャストを迎えた舞台をレポートします!

『キンキーブーツ』観劇レポート:人生&世界を変えるためのシンプルなヒント

小池徹平さん、三浦春馬さんのダブル主演で好評を博した初演から3年、C・ローパーのノスタルジックかつポップな楽曲に彩られたミュージカルが待望の再演。熱気に包まれた舞台を撮りおろし写真とともにレポートします!

東啓介&青野紗穂が語る、出会いの奇跡の物語『Color of Life』

出会いの奇跡を描くオリジナル・ミュージカル『Color Of Life』に挑む、東啓介さん・青野紗穂さん。大作ミュージカルで次々に抜擢され、注目を集める二人は今回、二人だけで物語を紡ぐという体験をどうとらえていらっしゃるでしょうか?

春風ひとみ「ゴール無き世界でひたすらに」《輝きの人インタビューvol.1》

最も”信頼される女優”の一人である、春風ひとみさん。代表作の『壁の中の妖精』や人気作『天使にラブ・ソングを』の話題を通して、演技の真髄、そして舞台への情熱をうかがいました。特に表現者を志していらっしゃる方にとっては、参考にしていただけるお話…

柴田麻衣子の連載エッセイ「夢と夢のあいだ」vol.2"夢のはじまり”

新進気鋭のプロデューサー、柴田麻衣子さんによるエッセイ第二弾。10年前、想像を絶する絶不調の只中にいた彼女を救ったものとは…。演劇を志す方はもちろん、今、”どん底”にある方にもぜひお読みいただきたいエピソードです。

『パリのアメリカ人』石橋杏実・宮田愛に訊く、ヒロインたちの”女ごころ”

ガーシュウィンの名曲と独創的なダンスに彩られた大作『パリのアメリカ人』が現在、横浜で上演中。男性3人組に注目が集まりがちですが、今回は二人のヒロインに注目、石橋杏実さん、宮田愛さんに作品の魅力と”女ごころ”をたっぷりとうかがいます!

「心に寄り添うミュージカル」第四回東京ミュージカルフェス・トークショー(3月26日)レポート

ミュージカル文化振興を目指して例年開催されている東京ミュージカルフェス。二日間にわたって行われた「スペシャル・トークショー」のうち、「心に寄り添うミュージカル~ミュージカルの社会的意義」をテーマに二演目の関係者が集った26日の模様をお伝えし…

「ミュージカル音楽の魅力」第四回東京ミュージカルフェス・トークショー(3月25日)レポート

ミュージカル文化のさらなる振興を目指し、毎年開催されている東京ミュージカルフェス。二日間にわたって行われた「スペシャル・トークショー」のうち、「ミュージカル音楽の魅力」をテーマに四演目の関係者が集った25日の模様をお伝えします!

『笑う男』観劇レポート:“幸福とは何か”を問う、愛の寓話

ヴィクトル・ユゴーの“もう一つの代表作”である『 笑う男』が、昨年の世界初演に続いて早くも日本上陸。ついにヴェールを脱いだ話題作を、撮りおろし写真とともにレポートします!

『ライムライト』観劇レポート:少人数編成カンパニーが濃密に描く、人生の美しさと残酷さ

チャールズ・チャップリンの同名映画を原作とした音楽劇『ライムライト』が待望の再演。石丸幹二さん主演、新ヒロインに実咲凜音さんを迎えた舞台を、撮りおろし写真とともにレポートします!

ストレート・プレイへの誘い 絶望の果ての希望を優しく描く『十二番目の天使』観劇レポート

特定の演目を掘り下げるのも素敵ですが、新たな演目、ジャンル、人々との出会いもまた楽しいもの。Musical Theater Japanはそのきっかけにしていただければと、ミュージカル俳優の方々が出演されるストレート・プレイもご紹介します。第一弾はミュージカル界…

19年4月のミュージカルPickUp

新たな時代が始まる高揚感とともに、Musical Theater Japan(MT)もスタート!ミュージカル・ファンなら“おさえておきたい公演”“注目したい人々”を続々、ご紹介して行きます。それでは早速、4月の注目公演は?

実咲凜音、“儚くも深い”『ライムライト』の魅力を語る

チャップリンの傑作映画を原作とした2015年の音楽劇『ライムライト』が待望の再演。味わい深い言葉と音楽、そしてバレエに彩られた舞台が蘇ります。老芸人役が支えるバレリーナ、テリーを今回演じる実咲凜音さんに、本作の魅力を伺いました!

藤岡正明、荒田至法、内海啓貴が語る『いつか~one fine day』

等身大の人々が懸命に生きる姿を、心に染み入る音楽とともに描く新作ミュージカル『いつか~one fine day~』。その魅力と稽古の手応えを、藤岡正明さん、荒田至法さん、内海啓貴さんにインタビュー!

柴田麻衣子の連載エッセイ「夢と夢のあいだ」vol.1“トキワ荘にあこがれて”

新進気鋭のプロデューサー、柴田麻衣子さんの連載エッセイがスタート!初回は彼女がしばしば行っている「或ること」のお話です。そこにはミュージカル界がこうなっていってほしいという、柴田さんのささやかな願いが込められていて…。

上田一豪に訊く、文芸大作『笑う男』日本版の演出ポイント

注目の文芸大作ミュージカル『笑う男』の演出ポイントとは? 日本版演出家・上田一豪さんへのインタビューをお届けします!