Musical Theater Japan

ミュージカルとそれに携わる人々の魅力を、丁寧に伝えるウェブマガジン

『ジェイミー』森崎ウィン インタビュー:自分らしく、勇気を持って

この夏の話題の舞台『ジェイミー』から、wキャストでタイトルロールを演じる森崎ウィンさんにインタビュー。台本を読んで「ぜひチャレンジしたい作品」と感じたというウィンさん、そのポイントは? 最近、ご自身の中で高まってきたというミュージカル熱につ…

『ジェイミー』安蘭けいインタビュー:「尊いひと時」を味わえるミュージカル

「自分らしい生き方」を模索する16歳の高校生と周囲の人々を描く、英国発のヒット作が日本に上陸。フレッシュな若手からベテランまで、幅広いキャストが集う中、主人公の母役としてひときわ存在感を放つのが安蘭けいさんです。「とてもいい作品なんですよ」…

『ピーターパン』小西遼生インタビュー:”ネバーランドのひょっこりはん”(⁈)を、底抜けに楽しく

日本初演40周年を迎え、森新太郎さんの演出でリニューアルを果たした『ピーターパン』。がらりと変わった舞台でフック船長/ダーリング氏を演じている小西遼生さんに、稽古終盤の手ごたえをうかがいました。

『ピーターパン』演出・森新太郎インタビュー「僕が見たいネバーランドは、これです」

日本初演40周年を迎えるミュージカル『ピーターパン』が、森新太郎さんの新演出でリニューアル。これまで骨太の舞台を数々生み出してきた森さんですが、「世界で最も有名な少年の物語」にどうアプローチしているでしょうか。構想と手応えをうかがいました。

『The Last 5 Years』観劇レポート:愛と夢追う二人の5年間

一組の男女の出会いから別れまでを二つの方向から描く珠玉のミュージカルが、小林香さんの新演出で登場。持ち味の異なる3組のキャストによる舞台をレポートします!

宮原浩暢インタビュー:『ジーザス・クライスト=スーパースター』驚異の低音の意味

キリスト最後の七日間を描く『ジーザス・クライスト=スーパースター』コンサート版で、ユダヤ教祭司カヤパを演じる宮原浩暢さん。本作では唯一、そしてオペラはもちろん、ミュージカルでもほぼ「ありえない」低音域で歌う役柄に挑む心境をうかがいました。

マイケル・K・リー インタビュー:親友たちのドラマとしての『ジーザス・クライスト=スーパースター』

ティム・ライス、アンドリュー・ロイド=ウェバーの出世作として知られる『ジーザス・クライスト=スーパースター』を、インターナショナル・キャストが上演する夢のコンサートが19年に引き続き実現。今回の舞台でタイトルロールを演じるマイケル・K・リーさ…

ミュージカル『衛生』咲妃みゆインタビュー:恐れずに挑む覚悟

「善人不在」の破天荒なストーリーが話題のオリジナル・ミュージカル『衛生』で、二人のヒロインを演じる咲妃みゆさん。古田新太さん、尾上右近さんら“芝居巧者”たちと、問題作に取り組む心境をたっぷりとうかがいました。

感動を反芻し、公演を支援する新たな形:『ダム・ウェイター』舞台装置・小道具が7月8日~リサイクル販売

一つの公演が終了すると廃棄されてしまう大道具や小道具を使って素敵なグッズに再生し、販売するという画期的な試みが登場。ストレート・プレイ『ダム・ウェイター』で伊礼彼方さんらが使用した小物が、小物入れやマグネット等に生まれ変わって販売されます…

『The Last 5 Years』小林香インタビュー:三者三様の“懸命な生きざま”

一組の男女の出会いから別れまでを、男性は時系列で、女性は別離から出会いへと遡る形で描くユニークなミュージカルが、遂に開幕。3組の魅力的なキャストを演出する小林香さんに、演出のポイントやキャストについて、また今、ミュージカルについて抱く思いを…

『SHOWTIME』観劇レポート:華やかに届ける“舞台の夢”

米倉涼子さんと城田優さんが共同プロデュースを手掛け、お二人所縁の作品ナンバー等を腕利きの共演者とともに魅せるエンタテインメント・ショー『SHOWTIME』が開幕。特にフォッシー・ファンにはたまらない華麗な舞台をレポートします!

『CLUB SEVEN ZERO Ⅲ』観劇レポート:腕利きのキャストが魅せる“エンタテインメント玉手箱”

ダンスに歌、ミュージカルにスケッチと多種多様な内容がぎゅっと詰まったショー『CLUB SEVEN』シリーズ最新作が、シアター・クリエで上演中。玉野和紀さんら、腕利きのキャストだからこそ実現可能な「エンタテインメント玉手箱」をレポートしします!

『マタ・ハリ』三浦涼介インタビュー:壮絶な世界で貫く、愛。

第一次世界大戦下、歴史の渦に飲み込まれていった舞姫の愛をフランク・ワイルドホーンの肉厚の音楽とともに描くミュージカル『マタ・ハリ』。その待望の再演でヒロインを愛するパイロット、アルマンを演じている三浦涼介さんにインタビュー。ミステリアスな…

ミュージカル・クリエイター・プロジェクト特集Vol.5『PARTY』プロデューサー・井川荃芬インタビュー

ミュージカル界に一つの希望をもたらした「ミュージカル・クリエイター・プロジェクト」特集最終回では、“仕掛け人”であるプロデューサーへのインタビューをお届けします。プロジェクトの意図、選考過程、今後の展望など様々にうかがいました。

ミュージカル・クリエイター・プロジェクト特集Vol.4『PARTY』出演・石川禅インタビュー

現在、好評無料配信中の新作ミュージカル『PARTY』で、主人公に深く関わる人物を演じている石川禅さんにインタビュー。じっくり、丁寧に役作りをされる石川さんですが、短期決戦だった本作ではどのようにアプローチをされたでしょうか。オリジナル作品への期…

『メリリー・ウィー・ロール・アロング』観劇レポート:“逆行する物語”が照らし出すもの

1981年にブロードウェイで初演、スティーヴン・ソンドハイムの「隠れた名作」と呼ばれ、2013年に日本に初上陸した『メリリー・ウィー・ロール・アロング』が8年ぶりに上演。平方元基さんらの織りなす人間模様をレポートします!

『夢から醒めた夢』観劇レポート:“人を思うこと”の美しさをシンプルに、力強く描く

1987年に劇団四季で初演以来、不動の人気を誇るオリジナル・ミュージカル『夢から醒めた夢』が4年ぶりに上演。「二人の世界」「愛をありがとう」などおなじみの楽曲に彩られた舞台を、撮りおろし写真とともにレポートします!

今夏公開!映画版『イン・ザ・ハイツ』の魅力を探る《前編》

日本人キャストによる舞台版が記憶に新しい『イン・ザ・ハイツ』が、ハリウッドで映画化、2021年最高の話題作の一つとして近日、公開されます。作者リン=マニュエル・ミランダ自身がプロデュースした映画版はどのようなものとなっているか、2回に分けてご紹…

『アナと雪の女王』稽古場レポート:創造の場は愛に満ちて

遂に開幕まで1か月を切った『アナと雪の女王』。あまりにも有名なディズニー映画の舞台版は、日本でどんな姿を見せるのでしょうか? 29日に行われた稽古場取材会の模様をレポートします!

“奇跡の配信”で堪能したい、三者三様の『スリル・ミー』

3組のキャストによる競演が話題を呼びながらも、一部の公演が緊急事態宣言により、中止を余儀なくされた『スリル・ミー』が、各組1回限り配信されることに。実現に至った経緯とともに、舞台の魅力を振り返ります!

『17 AGAIN』観劇レポート:人生が“もう一度”愛おしくなるミュージカル・コメディ

ザック・エフロン主演のヒット映画を米国のクリエイターたちが舞台化し、日本で世界初演。竹内涼真さんの初舞台にして初主演作、と「初」づくしの注目ミュージカルをレポートします!

『夢から醒めた夢』笠松はるインタビュー:“劇場”に込められた祈り

劇団四季を牽引してきた浅利慶太さんの作品を継承し、後進の育成に努める浅利演出事務所が、名作『夢から醒めた夢』を上演。ヒロインの冒険のきっかけとなる少女マコ役を演じる笠松はるさんに、8年ぶりの出演となる本作への思いをうかがいました。

ミュージカル・クリエイター・プロジェクト特集Vol.3『PARTY』出演・鈴木瑛美子インタビュー

「ミュージカル・クリエイター・プロジェクト」特集第三弾としてお届けするのは、脚本部門で選出された新作『PARTY』でヒロイン、ユリを演じる鈴木瑛美子さんへのインタビュー。ミュージカルは今回で3本目という鈴木さんですが、リアルにして不思議な風合い…

ミュージカル・クリエイター・プロジェクト特集Vol.2『PARTY』出演・樋口麻美インタビュー

ホリプロが創設した「ミュージカル・クリエイター・プロジェクト」脚本部門から生まれた新作『PARTY』。特集第二弾では、ヒロインがパーティで出会うゲストの一人、マダム・ランコムを演じた樋口麻美さんへのインタビューをお届けします。劇団四季時代にもオ…

『イン・ザ・ハイツ』観劇レポート:もがきながらも支え合い、未知の明日へと踏み出す人々

この夏、映画版の公開も予定されている『イン・ザ・ハイツ』が、7年ぶりに日本で上演。Microさん、平間壮一さんら理想的なキャストを得て実現した奇跡の舞台を、ふんだんな写真とともにレポートします!

『ALTAR BOYZ 2021』観劇レポート:観客と自身を救う、熱狂の“福音”舞台

09年の日本初演以来、上演を重ね、今回7演目となる『ALTAR BOYZ』。3組のキャストのうち、初演に出演した東山義久さん、植木豪さん、中河内雅貴さん、良知真次さんと、新メンバーの浅川文也さんから成る「LEGEND」チームの舞台をレポートします!

『アニー』観劇レポート:特別バージョンで描く“明日を信じる物語”

毎年、春休み・夏休みの親子観劇演目として、また大人が心洗われる舞台として多くの人々に愛されている『アニー』。21年春の公演は緊急事態宣言のため1日限りでしたが、観る者の心に深く刻まれました。特別バージョンで上演された舞台をレポートします!

『The Last 5 Years』木村達成インタビュー:二つの視点から描く、一つの愛。

ジェイソン・ロバート・ブラウン(『パレード』)の代表作の一つが、新演出で上演。3組のキャストのうち、村川絵梨さんとタッグを組む木村達成さんにインタビューしました。独創的な構成の本作をどうとらえているか、自身の恋愛観も織り交ぜ、語って下さって…

『The PROM』観劇レポート:とびきりの高揚感と“理想の社会”

普通なら出会うはずのないブロードウェイの俳優たちと地方の高校生たちが心通わせ、素敵な奇跡を起こすさまを描く『The PROM』が、日本に上陸。ポップで華やかな音楽、ふんだんなミュージカル・ネタも楽しい舞台をレポートします!

『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』観劇レポート:愛おしさに満ちた“ハッピー・ミュージカル”

無邪気な子供の世界を借りて、人生の真理をさりげなく語るミュージカルが4年ぶりに上演。前回から続投の中川晃教さんと清新なキャストが繰り広げる”ハッピー・ミュージカル”をレポートします!