Musical Theater Japan

ミュージカルとそれに携わる人々の魅力を、丁寧に伝えるウェブマガジン

音楽座ミュージカル『SUNDAY』新木啓介・岡崎かのんインタビュー:衝撃と浄化をもたらす心理劇

アガサ・クリスティの異色の心理ミステリ『春にして君を離れ』を舞台化したミュージカル『SUNDAY』が、3年ぶりに上演。人生も佳境を迎えた世代にとってはある種ホラーとも言えるかもしれない作品を、キャストはどうとらえているでしょうか。親世代代表として…

『この世界の片隅に』観劇レポート:愛おしい人々の記憶、ミュージカルで描きとめて

戦時下の呉で懸命に生きる主人公と周囲の人々を描き、ドラマやアニメーション映画化もされたこうの史代さんの漫画が、アンジェラ・アキさんの音楽でミュージカルに。昆夏美さん、大原櫻子さん(ダブルキャスト)ら実力派のキャストが心をこめて演じる舞台を…

舞台『鋼の錬金術師』本田礼生・新田健太インタビュー:”殺陣”の観点から語る舞台「ハガレン」の魅力

コミック累計8000万部を超える漫画「鋼の錬金術師」の舞台版が、昨年の第一弾公演に続き、8日から第二弾を上演。大きな見どころの一つとなっているのが、リアルかつエキサイティングな“殺陣”です。今回リン・ヤオ役で目の覚めるような動きを見せる本田礼生さ…

舞台『未来少年コナン』加藤清史郎インタビュー:“この世の核心を衝く”作品を、インバル流に表現する意味

宮崎駿監督の“原点”として知られる名作アニメが、身体表現を駆使した演出で人気のインバル・ピントさん演出・振付で初の舞台化。タイトルロールをつとめる加藤清史郎さんに、本作を今、上演する意義や稽古の手応え等を語っていただきました。

『無伴奏ソナタ』平間壮一インタビュー:皆の“その一ミリ”のために。

劇団キャラメルボックスで上演の度に好評を博してきた『無伴奏ソナタ』が、成井豊さんの脚本・演出・作詞でミュージカル化。この舞台で主人公クリスチャンを演じる平間壮一さんに、“本当の幸福”を問う作品について、表現し続けることへの思いなどを語ってい…

『ロミオ&ジュリエット』石川凌雅インタビュー:“愛が足りていない世界”に投じる一石

フレンチ・ロック・ミュージカルの金字塔と呼ばれる『ロミオ&ジュリエット』が、3年ぶりに上演。今回、ロミオの幼馴染ベンヴォーリオを演じる石川凌雅さんに、この役との“縁”や作品が訴えるテーマについて、たっぷり語っていただきました。

『イザボー』観劇レポート:中世フランスの“稀代の王妃”が現代の観客に問いかけるもの

フランス史上、最も嫌われた王妃だというイザボーとは、どのような人物だったのか。その波乱に満ちた人生を望海風斗さん主演で描く新作オリジナル・ミュージカル『イザボー』をレポートします。

2024年12月Blu-ray発売決定『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』観劇レポート:眠れる勇気を呼び覚ます、“黄金の精神”の物語

荒木飛呂彦さんの人気漫画が、連載スタートから38年の時を経て舞台化。スケールの大きな“宿命の対決”の物語を、舞台ならではの表現を駆使して描いた『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』をレポートします。

『ゴースト&レディ』稽古場取材会レポート:“最高の布陣”が挑む、多面的な歴史ファンタジーが間もなく、誕生

1964年の『はだかの王様』以来、多数のオリジナル・ミュージカルを創出してきた劇団四季の最新作が、5月に開幕。藤田和日郎さんの人気漫画を、演出に『ノートルダムの鐘』のスコット・シュワルツさんを迎えて舞台化する渾身の新作の片鱗を、稽古場取材会を通…

『VIOLET』三浦透子・屋比久知奈インタビュー:濃密な空間で追体験する、ヴァイオレットの“初めての旅”

顔に傷を負い、人目を避けて暮らしてきた女性の「人生初めての旅」を、ジニーン・テソーリの音楽でみずみずしく描いたミュージカル『VIOLET』が、4年ぶりに上演。主人公をダブルキャストで演じる三浦透子さん、屋比久知奈さんに、ヴァイオレット役への思い、…

ストレートプレイへの誘い『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』花總まり、奇妙な世界に「時には楽しみながら」立ち向かう

銀行強盗の現場に居合わせたことで、少しずつ身長が縮み始める主人公。奇妙な現象が意味するものとは、そしてそれは止めることが出来るのか…。カナダの人気小説が、G2さんの脚本・演出で舞台化されます。主演の花總まりさんに、不条理な世界で前向きに生き…

配信有『メイジ・ザ・キャッツアイ』観劇レポート:東京を代表する劇場の一つ、明治座の150周年を寿ぐ華麗な舞台

【3/8迄アーカイブ配信有】東京を代表する劇場の一つ、明治座の創業150周年ファイナルを飾った『メイジ・ザ・キャッツアイ』。北条司さんの人気漫画の設定を明治時代に移し、怪盗三姉妹の冒険を描く華麗な舞台をレポートします。

『スウィーニー・トッド』山崎大輝インタビュー:救いのない街に差し込む、“ひとすじの希望”に挑む

19世紀のロンドンを舞台に、無実の罪で流刑となった男の壮絶な復讐を描く異色のミュージカルが、宮本亞門さんの演出で8年ぶりに上演。ダークな作品の一筋の光ともいえる役どころをダブルキャストで演じる山崎大輝さんに、稽古も大詰めを迎えた中での心境をう…

『カム フロム アウェイ』田代万里生インタビュー:12人で緻密に紡ぐ、共生と“こころの復興”の物語

アメリカ同時多発テロの直後に起こった実話を描く、ミュージカル『カムフロムアウェイ』。12人のキャストが100人以上の人々を演じ分けるなか、主に二人の乗客を演じる田代万里生さんに、それぞれの役を通して感じること、稽古の手応えなどをじっくりうかがい…

『SaGa THE STAGE~再生の絆~』松田凌インタビュー:“誰かと心を繋ぐこと”で生まれる力

昨年の舞台『ビロクシー・ブルース』で披露した甘い歌声も記憶に新しい松田凌さんが、世界的な人気を誇るRPG「サガ」シリーズの舞台版・最新作に主演。稽古も佳境の某日、アクションに歌にダンスにと盛りだくさんの「絆のドラマ」について、熱く語ってくださ…

『カム フロム アウェイ』石川禅インタビュー:優しい気持ちを思い出せる、実話に基づく“希望の物語”

2001年のアメリカ同時多発テロの陰で、カナダの小さな町で実際に起こった人間模様を描くブロードウェイ・ミュージカルが、3月に開幕。100人以上を演じ分ける12人のキャストの一人、石川禅さんに、主に演じるキャラクターや白熱する稽古の模様等について、た…

配信有『LUPIN ~カリオストロ伯爵夫人の秘密~』観劇レポート:若き怪盗紳士の冒険を描く、ひとときの“夢”舞台

【LIVE配信、アーカイブ配信有(2月18日迄)】小池修一郎さん(脚本・歌詞・演出)、ドーヴ・アチアさん(音楽)がタッグを組み、主演に古川雄大さんを迎えた新作ミュージカル『LUPIN ~カリオストロ伯爵夫人の秘密~』。若き怪盗紳士の冒険を生き生きと描い…

『Play a Life』佐藤隆紀・上田一豪インタビュー:人生の“あたたかいお守り”をお渡しする舞台

『四月は君の嘘』等の演出家、上田一豪さん主宰の劇団Tip Tapの代表作『Play a Life』が、博品館劇場で上演。本作への出演を熱望していたという“夫”役の佐藤隆紀さん(白猫チーム)と上田さんに、作品への思いをじっくりとうかがいました。

『トッツィー』観劇レポート:ふんだんな笑いとともに描く、崖っぷち俳優の“一か八かの賭け”

D・ホフマン主演のハリウッド映画を舞台化し、2019年トニー賞で11部門にノミネートされたミュージカルが、待望の日本上陸。キャリアの危機にある俳優の“一か八かの賭け”の顛末を、山崎育三郎さんら豪華キャストで描く舞台をレポートします。

『メイジ・ザ・キャッツアイ』美弥るりかインタビュー:明治レトロの世界で魅せる"謎多き執事”役

三姉妹の怪盗の活躍を描く人気漫画が、明治座創業150周年のラストを飾る舞台となって登場。謎めいた執事役で出演する美弥るりかさんに、宝塚時代に培った「ジェンダーフリー」の表現が存分に活かされそうな本作について、たっぷりお話いただきました。

『Yuichiro & Friends -Singing! Talking! Not Dancing!-』観劇レポート:2024年の幕開けを華やかに彩る“スペシャル”な舞台

山口祐一郎さんと綺羅星のようなミュージカル・スターたちが、新春に贈るトーク&コンサート『Yuichiro & Friends -Singing! Talking! Not Dancing!-』が、6日に開幕。ミュージカルの名曲にとどまらない多彩なプログラムと、ざっくばらんなトークが楽しい、…

“歌の持つ意味”が突き刺さる、母娘の半生描く映画『ペルシアン・バージョン』

今年も多彩な作品が上映された東京国際映画祭で、「歌」の持つ意味を痛切に感じさせたのが、イラン系アメリカ人の母娘の半生を描く『ペルシアン・バージョン』。コメディの形をとりながら、切実なメッセージを投げかけた本作をご紹介します。

配信有『ベートーヴェン』観劇レポート:至福の音楽とともに描く“不滅の愛”

ベートーヴェンの秘めた恋を、ほぼ全曲彼自身の楽曲で彩ると言うコンセプトのもと、クンツェ&リーヴァイが書き上げた新作ミュージカルが、今年1月に世界初演。それに続き、豪華キャストを得て開幕した日本版をレポートします。

『ジル・ド・レ』岡本悠紀・青野紗穂・エリザベス・マリー・大音智海が語る、“蚤ミュージカル”の大きな夢

第一次世界大戦下のフランスで、サーカスから逃げ出した蚤のジル・ド・レ。彼の視点から名もなき男女の恋を描く「蚤ミュージカル」が、河田唱子さんの作、田中和音さんの音楽で誕生、間もなくトライアウトを迎えます。 意欲的な新作に挑む岡本悠紀さん、青野…

『東京ローズ』演出・藤田俊太郎、出演・飯野めぐみ、山本咲希インタビュー:逆境を生き抜いた女性の信念を、6人のリレーで描く

米国と日本、二つの祖国に翻弄された女性、アイバ・トグリを描く『東京ローズ』。英国発の意欲作を演出する藤田俊太郎さん、出演の飯野めぐみさん、山本咲希さんに、オーディションの思い出や稽古の手応えなどをじっくり語っていただきました!

歌唱指導の役割とは?『春のめざめ』歌稽古レポート&北村沙羅・安部誠司インタビュー

ミュージカルのスタッフ一覧で見かける「歌唱指導」とは、どのような仕事でしょうか。ミュージカル公演にとって大切な「縁の下の力持ち」の一例を、ドイツの若者たちの青春を描く『春のめざめ』のヒロイン役・北村沙羅さんの歌稽古レポと、北村さん、歌唱指…

舞台『鬼滅の刃』遠山裕介・佐竹莉奈インタビュー:妓夫太郎と堕姫、最強(最恐)の兄妹を演じて

2020年にシリーズ1作目が登場した舞台『鬼滅の刃』が、第四作にあたる最新作を上演。遊郭が舞台の物語で炭治郎たちの前にたちはだかる鬼、妓夫太郎を演じる遠山裕介さん、堕姫を演じる佐竹莉奈さんに、『鬼滅の刃』、そして舞台版の魅力をじっくりお話いただ…

「TOHO MUSICAL LAB.」2023観劇レポート:ミュージカルの可能性を探求する企画、待望の再始動

2020年、注目のクリエイターによる2本の新作をライブ配信し、大きな反響を呼んだ「TOHO MUSICAL LAB.」が、3年ぶりに再始動。新たな顔ぶれで、今回は有観客の形で上演された2本の短編『わたしを、褒めて』『DESK』をレポートします。(12月10日までアーカイ…

『クリスマス・キャロル』松村雄基インタビュー:“人生は、いつでもやり直しが出来る”

世界で最も愛されているクリスマス小説の一つを、西田直木さんの台本・音楽・演出で舞台化したミュージカルが、今年は松村雄基さん主演で上演。『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル』での好演も記憶に新しい松村さんに、作品やミュージカルへの思いをう…

ストレート・プレイへの誘い 『ビロクシー・ブルース』観劇レポート:スタンダード・ナンバーとともに蘇る、新兵訓練キャンプでの青春

『おかしな二人』等で知られるニール・サイモンの自伝的戯曲を、濱田龍臣さんら若手実力派キャストが演じる『ビロクシー・ブルース』。新納慎也さんはじめ、ミュージカルでお馴染みのキャストも出演する舞台をご紹介します。