Musical Theater Japan

ミュージカルとそれに携わる人々の魅力を、丁寧に伝えるウェブマガジン

ラミン・カリムルーが語る『CHESS』:芸術が世界のために出来ること

冷戦に翻弄される男女のドラマを描いた傑作ミュージカル『CHESS』が、国際的なキャストで英語上演。画期的なプロジェクトでキーパーソン、アナトリーを演じるのが世界的なスター、ラミン・カリムルーです。作品の魅力、演技への思いなど、たっぷり語っていた…

『デスノート』パク・ヘナ インタビュー:落ちてゆく“砂”のイメージ

天才高校生と探偵の攻防を描くオリジナル・ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』の最新版に、唯一、韓国版から迎えられたパク・ヘナさん。人間界を眺める死神レム、という特異な役を演じる醍醐味など、じっくりうかがいました。

『シャボン玉とんだ 宇宙(そら)までとんだ』観劇レポート:夢を持ち続け、愛しぬくことの輝き

等身大の男女の恋が壮大な物語に発展してゆく音楽座の代表作が、井上芳雄さん主演でシアタークリエに登場。初演でヒロインを演じた土居裕子さんほか、本作をこよなく愛する方々の参加を得て実現した奇跡の公演をレポートします!

『ファントム』観劇レポート:“不器用な愛”が交錯する、もう一つの“オペラ座の怪人”譚

ロイド=ウェバー版などいくつかの“オペラ座の怪人”ミュージカルがある中でも、主人公の内面に深く迫る『ファントム』が、城田優さん演出で登場。終幕まで場内が息をのんで見つめた舞台を、wキャスト双方の写真を交えてレポートします。

スーパーオペラ『紅天女』開幕直前特集

ミュージカル・ファンにも広く知られる『ガラスの仮面』の作中劇『紅天女』が、作者・美内すずえさん自身の監修・脚本でオペラ化。wキャストでヒロインを笠松はるさんが演じることでも話題の舞台を「音合わせレポート」「作曲家コメント」「笠松はるさんイン…

『シャボン玉とんだ宇宙までとんだ』土居裕子インタビュー:新たな時代の幕開けに

音楽座の代表作の一つ『シャボン玉とんだ宇宙までとんだ』が、シアタークリエに登場。初演から長くヒロインを演じ、今回、宇宙人役で本作に戻ってきた土居裕子さんに、初演時のエピソードや今回の稽古の様子をじっくり語っていただきました!

2019年12月のミュージカルPick Up

気ぜわしい年の瀬、観劇で一息つくのはいかがでしょうか。この時期にぴったりの佳作『A Civil War Christmas』を、原慎一郎さん・麻尋えりかさん・加藤潤一さんへのインタビューを交えてご紹介します!

『フランケンシュタイン』中川晃教インタビュー:一筋の光を信じて

フランケンシュタインの悲劇を「一人二役」という演劇的趣向と壮大な楽曲で描き、17年の日本初演が大きな話題を呼んだ『フランケンシュタイン』が、待望の再演。初演に続いて科学者ビクターを演じる中川晃教さんに、本作を代表する大曲へのアプローチなど、…

『フランケンシュタイン』加藤和樹インタビュー:友情という名の永遠

新春の話題作『フランケンシュタイン』でアンリ/怪物役を演じる加藤和樹さん。壮絶な体験だったという前回の公演を経て得たこの役・作品への深い洞察、そして近年のご活躍など、じっくり語っていただいたロング・インタビューをお届けします!

ダンスへの誘い:遊び心満載、“絵本のような世界”を紡ぐ CAT-A-TACクリスマス公演

ふだんはミュージカルを見慣れた私たちですが、たまには「歌わず、動きですべてを表現する」ダンスも観てみませんか?遊び心いっぱいのノンバーバル・ストーリーダンスで人気のカンパニー、CAT-A-TAC(キャットアタック)をご紹介します!

『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』観劇レポート:コミカルな味わい一層、“人の絆”の物語

クラブ歌手と修道女たちの「ありえない出会い」をA・メンケンの極上の音楽とともに描き、各国で人気を集める『天使にラブ・ソングを』。続投キャストと新キャストが絶妙な化学変化を起こしている日本版最新公演をレポートします!

海宝直人インタビュー『ロカビリー・ジャック』新境地に挑む

もうすぐ開幕『ロカビリー・ジャック』出演の海宝直人さん。海外の大作に続々出演する傍ら、オリジナル作品にも意欲的に取り組む彼が、本作ではこれまでに演じたことのないタイプの役に挑戦。刺激的な現場について、表現者としての「今」について、たっぷり…

柴田麻衣子の連載エッセイ『夢と夢のあいだ』Vol.8“29歳のクリスマス”

新進気鋭のプロデューサー、柴田麻衣子さんの連載エッセイ第8弾は、柴田さんが小学生の頃に強い印象を受けた「あのドラマ」のお話。そのころ眩しく見えた年齢を実際に迎えた時、胸に去来したものとは…⁈

樋口麻美インタビュー『ウェスト・サイド・ストーリー』アニータ役に思いを込めて

“名作中の名作”『ウェスト・サイド・ストーリー』が、360度回転シアターで上演。話題の公演第一弾でアニータ役を演じているのが、劇団四季出身の樋口麻美さんです。12年前に劇団で演じたこの役に、どんな思いで再び取り組んでいらっしゃるか。思いのこもった…

複数の視点、新たな発見を楽しむ:『In This House~最後の夜、最初の朝』観劇を深める会レポート

舞台を鑑賞後、少人数で集まり、プロデューサーを交えて感想を語り合う「観劇を深める会」。Musical Theater Japan初の試みを、この 企画にぴったりの佳作『In This House』上演を機に実施しました。複数の視点で作品を反芻する、豊かなひとときをレポートし…