Musical Theater Japan

ミュージカルとそれに携わる人々の魅力を、丁寧に伝えるウェブマガジン

『コーラスライン』来日公演観劇レポート:オーディションを舞台に描く“誰もが特別な一人”

ダンサーたちのリアルな声を集めてミュージカル化し、1975年の初演以来世界各国で愛されている名作『コーラスライン』が、4年ぶりに来日公演を実施。初演でコニーを演じ、現在は演出・再構成を担うバーヨーク・リーが率いるカンパニーの舞台をレポートします…

音楽劇『スラムドッグ$ミリオネア』観劇レポート:“勇気のコイン”を届ける舞台

スラム育ちの少年が過酷な運命に挑む様を描き、2008年の映画版も大ヒットしたベストセラー小説が、台本・作詞・演出に瀬戸山美咲さん、キャストに屋良朝幸さん、川平慈英さんらを迎えて舞台化。6人のクリエイターによるカラフルな楽曲で彩られた音楽劇をレポ…

音楽劇『刻』観劇レポート:緊迫のドラマ、画期的な“変動価格制”を導入して上演

西森英行さんの戯曲『刻』が、『SMOKE』等で知られるHUH, SOOHYUN(ホ・スヒョン)さんの楽曲に彩られ、音楽劇として上演。行方不明の娘を探す夫妻が真実に辿りつくさまをスリリングに、エモーショナルに描く舞台を、画期的な「変動価格制」の話題とともにレ…

『ミス・サイゴン』チョ・サンウン インタビュー:クリスにとっての“運命の瞬間”

ベトナム戦争末期に出会った男女の悲劇を通して、戦争の不条理を問う大作ミュージカル『ミス・サイゴン』が、2020年の公演中止を乗り越え、待望の再演中。クリス役の一人で、ロンドン版ではトゥイを演じたチョ・サンウンさんに、新たな視線でとらえた本作の…

『ラ・ラ・ランド』ジャスティン・ハーウィッツ インタビュー:ミュージカル映画を作曲する歓び

夢追う男女の恋を描いたロマンティック・ミュージカル映画の傑作『ラ・ラ・ランド』を、生オーケストラとともに上映するイベントが日本に上陸。今回自ら指揮棒を振る作曲家ジャスティン・ハーウィッツに、音楽的背景やミュージカル映画の作曲で大切にしてい…

『春のめざめ』瀧澤翼・東間一貴インタビュー:“少年モーリッツ”が訴えかけるもの

19世紀末のドイツの少年少女の思春期を描くロック・ミュージカルが、新演出で久々に日本で上演。本作のキーパーソン的存在で、「落ちこぼれ」として居場所を失ってゆく少年モーリッツをダブルキャストで演じる瀧澤翼さん・東間一貴さんに、作品や役に対する…

『人間になりたがった猫』森田一輝インタビュー:大人にも観てほしい、心洗われるミュージカル

劇団四季のファミリー・ミュージカルの中でも上演回数ナンバーワンを誇る人気作『人間になりたがった猫』が、6年ぶりに上演。二日間だけ人間の姿に変えられた猫のライオネル役候補、森田一輝さんに、本作への思い入れ、作品の様々な魅力、稽古の様子など、た…

『ミス・サイゴン』東山義久インタビュー:“僕のエンジニア”を追い求めて

ベトナム戦争末期のサイゴンを舞台に、少女キムと米兵クリスの愛と運命を描く大作『ミス・サイゴン』が、6年ぶりに日本で上演。キムの働く店の主で、渡米を夢見るフランス系ベトナム人・エンジニア役の一人、東山義久さんに、大役に取り組む日々を語っていた…

音楽劇『クラウディア』甲斐翔真インタビュー:人間の美しさ、可能性を伝えたい

壮大な物語とサザンオールスターズの楽曲、山本寛斎さんによる大胆な衣裳が話題を呼び、12万人を動員した『クラウディア』が、18年ぶりに復活。ダブルキャストで主人公を演じる甲斐翔真さんに、演者から見た本作のポイント、伝えたいメッセージをうかがいま…

音楽劇『クラウディア』田村芽実インタビュー:演劇の力を信じ、わが身を捧げて

地球ゴージャスの伝説的な人気作『クラウディア』が、実に18年ぶりに復活。愛を禁じられ、戦いに明け暮れる人々を描く物語でタイトルロールを(ダブルキャストで)演じているのが、近年目覚ましい活躍を見せている田村芽実さんです。表現者としても非常に意…

『弥生、三月-君を愛した三十年‐』観劇レポート:丁寧に、“三十余年間の絆”を描く珠玉の舞台

2020年に公開された同名映画が、菅野こうめいさんの脚本・作詞・演出でミュージカルに。30年以上にわたる一組の男女の絆の物語が、林翔太さん、田村芽実さんら四人のキャストと二人のダンサー、そして一台のピアノによって丁寧に描かれます。少人数編成なら…

氷川きよし特別公演「ケイト・シモンの舞踏会」観劇ミニ・レポート:革命前夜のフランスへ、華麗&大らかにタイムワープ

座長公演で様々な時代劇を演じてきた氷川きよしさんが、今年は革命前夜のフランスにタイムワープ。共演には宝塚時代に『ベルサイユのばら』でオスカル、アンドレを演じた彩輝なおさんのお名前が。何かが起こりそうな予感(⁈)に満ちた舞台をレポートします。

音楽劇『クラウディア』新原泰佑インタビュー:ミュージカル界の新星が挑む“龍の子”

岸谷五朗さんと寺脇康文さんが主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」の代表作の一つ『クラウディア』が、18年ぶりに再演。人々が戦いに明け暮れる世界で「戦を鎮める」存在、“龍の子”を演じるのが新原泰佑さんです。ダンス力を武器にミュージカルで活躍を…

渋谷真紀子の連載エッセイ『大夢想展』Vol.3「大きな愛が詰まったオージーミュージカル」

新進気鋭の演出家・渋谷真紀子さんのエッセイ第三弾は、渋谷さんが現在ベースとされているオーストラリアのミュージカルについて。現在日本ではオージーミュージカルの代表格『The Boy From Oz』が上演されていますが、オーストラリア産のミュージカルにはど…

『モダン・ミリー』朝夏まなとインタビュー:“生”を実感できる舞台、一つ一つを大切に

宝塚を退団後も多彩な役柄を演じ分け、快進撃を続ける朝夏まなとさんが、ミュージカル・コメディの傑作『モダン・ミリー』に主演。夢に向かって突き進むミリー役をどのようにとらえているか、コメディを演じる極意も交え、楽しくお話いただきました。