Musical Theater Japan

ミュージカルとそれに携わる人々の魅力を、丁寧に伝えるウェブマガジン

竹内將人、国際プロジェクトを経て『レ・ミゼラブル』大役を掴む:新星FILE vol.1

f:id:MTJapan:20200923173212j:plain

竹内將人 1994年福岡県生まれ。子供のころ劇団ひまわりに所属し、『ライオンキング』ヤング・シンバ等を演じる。東京藝術大学声楽専攻、英国王立音楽院卒業。『アナスタシア』でイポリトフ伯爵を演じる。2021年『レ・ミゼラブル』にマリウス役で出演予定。

最近の舞台で清新な印象を残した新星に“来し方”と“今”、そして“これからの夢”をうかがうシリーズ。第一回は福岡の名子役時代を経て着実に実力を蓄え、国際プロジェクト『We Song Cycle』や『アナスタシア』で活躍、来年は『レ・ミゼラブル』マリウス役も控える竹内將人さんにインタビュー。特に飛躍のきっかけとなった英国王立音楽院での研鑽については詳しくうかがっています!

ヤング・シンバからバスケ少年を経て音大へ

――竹内さんは福岡ドームの近くのご出身とうかがいましたが、そのあたりではかつて、『キャッツ』の福岡初演がありました(1990年)。竹内さんはご覧になっては…。
「まだ生まれていませんでした。なので、『キャッツ』を観てこの世界に入ったわけではありません。僕が3歳の時、人前できちんと話すといったコミュニケーション力をつけられるよう、親が劇団ひまわりに入れてくれまして。主に博多座という、博多の大劇場に子役として出演しまして、歌舞伎から現代劇、喜劇といろいろ勉強させていただきましたが、その中でも一番ピンときたのがミュージカルでした。なぜミュージカルだったのかは定かではないけれど、当時、演技に苦手意識があったのが、歌という要素があると充実したもの(お芝居)をお届けできると思えたからかもしれません」

――子役時代には『ライオンキング』のヤング・シンバも演じたのですね。
「中学一年生の時です。当時、身長が150cm近くあって、大きめだったのですが、オーディションが8月か9月で、開幕が翌年1月。それだけの短期間でヤング・シンバを育てたことがないということで、(ちょっと大きいけれどまずは)稽古に入って下さいと言っていただけました。もし身長がそれ以上伸びてしまったらデビューできなかったけれど、無事、開幕キャストとして出演。周りの子たちのデビューが遅かったので、最初の1週間はシングル・キャストでした。翌週、もう一人デビューしましたが、一日2回公演があるような時は連日の出演だったので、嬉しかったです。やっぱり1幕はヤング・シンバが主人公で、ソロも2曲あるし、“ハクナ・マタタ”で(1幕終わりに)はけていくまで注目していただけますし。学校に行かなくていい、というのも嬉しかったのですが(笑)、2ヶ月ちょいで声変わりが始まってしまって、3ヶ月で卒業しました」

――子役を卒業し、中学高校を経てまたミュージカルの世界に戻ってこられたのですね。「ヤングシンバが終わった後は、小学生の時に始めたバスケをしっかりやっていました。高校は東京にある大学の付属校だったので、その大学の史学科に内部推薦で進もうと思っていたのですが、高校2年の時、また舞台に戻りたくなり、東京芸大(東京藝術大学)を目指そうと思ったんです」

――受験まで準備期間は1年少し…。短期決戦ですね。
「そうですね。器楽専攻だと明らかに才能を見られるようなのですが、声楽科では、受験の時点ではまだ声が成熟していない子もいるので、“伸びしろ”を見られるようです。芸大受験を決めてからは、周りに音大を目指している子はいなかったので、当時ついていた先生と僕とでいろいろ試行錯誤して臨みました。入学してみると、周りは中学生ぐらいの頃から声楽に傾倒してきた人ばかりで、ものすごく知識がある。僕はピアノもやってこなかったので、全てが新鮮でした」

――先生方からはどんな学びがありましたか?
「技術を学ぶというより、“人(としての在り方)”を学ぶことが多かったです。先生方は教育者になるために勉強してきたというより、日本のトップの声楽家の方々だったので、こちらから“盗みに行く”感覚でしたね。芸術家って、結局は“どう生きるか”を自分が惚れた芸術で表現する、ということだと思うので、先生方の在り方をよく観察させていただきました」

“のど自慢”を機に、再びミュージカルの道へ

――その間、ずっとミュージカルへの思いは揺らがなかったのですか?
「逆に、芸大にいる間はクラシックをしっかり勉強しようと思っていたので、3年生の途中まではミュージカルの曲は歌いませんでした。2年生の時はオペラ歌手になろうと思っていて、イタリア留学の相談を両親にしたことも覚えています。
それが、3年生の後期に帝劇で開催された、『レ・ミゼラブル』ののど自慢大会(2015年。このページから動画をご覧になれます)に出場してから、またミュージカルの花が自分の中で花開いたんです。歌ったのはジャベールの“スターズ”でした。当時はバリバリの声楽科学生で声が野太かったので(笑)、これぐらいしか歌えるものがなかったんです」

f:id:MTJapan:20200923173442j:plain

『レ・ミゼラブル』のどじまん・思い出じまん大会(2015)より。写真提供:東宝演劇部

――みごと読売新聞社賞を受賞。この大会が大きなきっかけとなったのですね。
「はい、これがきっかけで今の事務所にご縁をいただいて、さっそく『レ・ミゼラブル』のオーディションも受けました。受かるはずもない実力でしたが、当時の自分にとっては全力で挑んだので、落ちたことを知った時は行きつけの飲み屋さんに行き、嗚咽しながら泣き、朝まで店長夫妻に励まされていたことを思い出します(笑)。これだけ頑張って受からないならミュージカル俳優は向いてない、と投げやりになり、アナウンサー学校の体験に行ったりもしましたが(笑)、3日ぐらい過ぎて落ちついて考えることが出来るようになり、足りない部分を書き出すうち、それがまだまだたくさんあることに気づいたんです。

f:id:MTJapan:20200923173824j:plain

『レ・ミゼラブル』のどじまん・思い出じまん大会(2015)より。写真提供:東宝演劇部

それに、オーディションの時に英国のスタッフとたくさんお話をさせていただいて、彼らの話を直接くみ取れないのはダメだな、と思い、(音大を)卒業後、まず語学留学をしました。NYで3か月英語を学んでから、渡英。3か月くらい個人レッスンを積んだところで、両親がイギリスに様子を見に来てくれて、一緒にケンブリッジに行きました。忘れもしません、キングス・コレッジのチャペルを訪れた時、父が“こちら(英国)の大学で勉強したらどうか?”と言ってくれまして、個人レッスンの先生にご相談したら、彼女が王立音楽院(Royal Academy)でミュージカル科を作った方だったんですね。ぜひアカデミーを受けてみなさい、とおっしゃっていただき、入学することができました」

――ミュージカル科は1年制ということで、短く聞こえますが…。
「とても濃い1年でした。音楽院にはクロード・ミシェル・シェーンベルクさんが教授でいらしていて、直接、大切なことをたくさん教わりました。“演劇”などの授業もありましたが、主に学んだのは“Acting Through the song”、つまり“歌の中でいかにお芝居と音楽を表現するか”。一週間で一曲を仕上げるのですが、それにあたり、先生が4人いらっしゃるんです。

f:id:MTJapan:20200923175911j:plain

王立音楽院卒業公演『City of Angels』リハーサルより。竹内さんはJimmy Power役を演じました。写真提供:竹内將人

最初はスピーチの先生が、歌詞を一つ一つチェックしながら演技、滑舌の仕方をしっかり教えて下さって、ここでその曲の“波”を作ります。二人目がレパートリー・コーチ/音楽監督。『レ・ミゼラブル』とかで活躍されている先生が個室でピアノを弾きながら、ここはこう歌って…と細かくみてくれます。三人目はボイストレーナー。やはり個室で発声をみてくれます。そして四人目がワークショップ形式の授業の先生で、皆の前で演技性も音楽性も含めたものを見てもらうという感じです。

こういう形で1年間で歌える曲のレパートリーを増やしていくのですが、それもやみくもに増やすのではなく、ハマースタインから時代を追って、途中でミュージカル・コメディがあって、『レ・ミゼラブル』のような曲があって、リン・マニュエル=ミランダやDear Evan Hansenまで、一通りの時代の曲が、吟味して選ばれたレパートリーになっています。最終的には40曲ぐらいになったかな。学校を出ると、皆、自分が歌える曲のファイルを持ち歩いて、“これらを歌えます”とオーディションでアピールするんです。もちろんそれぞれ得意不得意はあるけれど、歌えませんということにはなりません。僕の場合は、やはり声楽出身なので、ディズニーやシェーンベルク、具体的には『レ・ミゼラブル』や『美女と野獣』を歌うといいリアクションをいただいています」

f:id:MTJapan:20200923180055j:plain

王立音楽院ショーケースで「Lucky To Be Me」(『On The Town』)を歌唱。写真提供:竹内將人

――動画サイトには竹内さんが自粛期間中に収録した歌唱動画も何本かあがっていますが、エクスプレッシブな歌唱というか、画面越しにもとても思いが伝わってきます。

「イギリスでは、生徒が絶対迷わない、これをやっていればあなたの良さが絶対現れる、というメソッドが確立されていたと思います。そこで一曲一曲を丁寧に勉強するうち、迷いがなくなったというのはあるかもしれないですね。日本に戻ってからオーディションに受かったり落ちたりしても、自分にはこういうものが身についている、とポジティブに感じることが出来ていると思います」

“こういうことがやりたかった!”と思えた
国際プロジェクト“We Song Cycle”

――帰国して『アナスタシア』に出演。続く自粛期間中には、画期的な国際プロジェクトWe Song Cycleで綿引さやかさんとのデュエット“ふたりのダンス”を歌っています。日本を含む6か国のクリエイターたちが手掛けるソング・サイクルを、やはり国際的なキャストが歌い上げるというオンライン企画は、英国帰りの竹内さんにはぴったりだったのでは?
「僕は海外で勉強したので、海外目線も意識した仕事をしたいという気持ちが常にあるのですが、『アナスタシア』は日本初演ということで海外スタッフも来日されていて、留学して(英語が話せるようになって)よかったと思いました。
そして今回の“ふたりのダンス”は、アメリカ人役というのも面白いし、プロジェクト自体が国際派。まさにこういうのがやりたかった、とお話をいただけたことを嬉しく思いました」

www.youtube.com

(国際プロジェクト「We Song Cycle」竹内さん出演の「ふたりのダンス」は6分20秒ごろ~)

――楽曲にあたってみての第一印象は?
「鳥肌が立ちました。コロナウイルス禍によって多くのアーティストが苦しみましたが、僕も『アナスタシア』の大阪公演がなくなってしまい、雨の後には必ず晴れるとわかってはいても、どうしてもネガティブな感情はありました。そんな折にこの曲に出会って、最後の部分に本当に勇気と希望をもらえて、今の自分自身にとっても必要な曲だ、と思えました」

f:id:MTJapan:20200923180401p:plain

「ふたりのダンス」より。

――どんでん返しがあることで、感情が大きく動き、瞬時の表現力が求められるナンバーに聞こえます。
「動画の中で演技するって難しいなと思いました。これまで動画サイトには、直立で歌う様子をアップしていたけど、今回はそこに演技も加わって、自分がやりすぎていないか、塩梅が難しかったです。演出の渋谷(真紀子)さんとしっかりお話させていただき、アドバイスをいただきました」

――竹内さん演じるウィルは、海外から来日したバレエ・ダンサー。プリマ・バレリーナのナナからリモートで日本語レッスンを受けるうち、彼女に対して仄かな思いが…という役どころですが、ウィルの心細さの表現には、ご自身の留学体験が生きたでしょうか?
「それはかなりありました。語学学校だと皆が(その国における)外国人だから、お互いの英語が聞き取りやすいけど、王立アカデミーではほとんどが英国人で若者だから早口だし、北部の人だとアクセントが強くてわからなくて。入学して1か月は、みな優しくて先生たちも助けてくれるけど、最終的な心のよりどころがなくて、夜に一人で泣いたこともありました。食堂にいけるようになったのも3か月くらいたってからで、それまではランチも一人で食べたり。そういうリアルな経験があったので、ウィルと自分が重なりましたね」

――竹内さん自身は何がきっかけで克服されたのでしょうか?
「入学当初から、面倒をみてくれる先生はいたし、級友からも声掛けはしてもらっていたんです。でも、結局は“慣れ”たということなのかな。少しずつ異文化に溶け込んでいったんだと思います」

f:id:MTJapan:20200923174711p:plain

「ふたりのダンス」より。

――“ふたりのダンス”に戻りますが、作品世界を作り上げるのには、ナナ役の綿引さやかさんから得たインスピレーションもあったでしょうか?
「最初のTV電話のシーンは実際にTV電話しながらの撮影だったのですが、ここが綿引さんとの初対面でした。もちろん『レ・ミゼラブル』などのご出演舞台は何度も観ていたけど、お話したことはなかったので、この時初めて初めて“こういう方なんだ”というのがわかりました。NGを重ねる度に互いの心が拓けてきて。彼女のキャラクターに僕自身、導かれた部分はありましたね。しっかり心を拓いてくださったので、その後のシーンはやりやすかったです。綿引さんの笑顔を想像して、ウィルの楽しい気持ちを再現できるような気にもなれたり…」

――“ふたりのダンス”を含めたソングサイクル全体は今、動画サイトで公開されています。この作品が今後どう育っていくといいなと思われますか?
「僕がこれから舞台芸術の世界で生きていくうえで念頭に置いているのが、国際化です。今回のWeSongCycleの出演者のなかでは、僕だけ経験が浅いのですが、それでも英語が話せて歌えれば、こういう方々とも共演できるということが、一つのメッセージになればいいなと思います。今もこの状況の中では苦しんでいる方々がたくさんいらっしゃるけれど、希望はある、あきらめないでというメッセージを投げかけられるものが、本来の芸術ではないでしょうか。本作はお客様の希望になりうる作品だと思いますし、今、悩んでいる俳優志望の方たちにもそういうメッセージが届けば、と思っています」

目指すのは、“オンリーワン”

――ご自身のキャリアにとっては、どんな作品になるでしょうか?
「自信になると思っています。綿引さんは僕が学生のころから舞台を拝見していた方なので、その綿引さんと共演できたことは大きな自信です。それは今後、どんどん膨らんでいくような気がしています」

――ステイホーム期間中はどんなことを考えていらっしゃいましたか?
「僕はもともとポジティブ・シンキングな人間です。コロナの影響で世の中では悲しいことが起こっていますが、その中でもポジティブなことってたくさんあって、SNSでは海外の方々の書き込みをリアルタイムで見たり、家族でない人とも繋がれるし、以前より家族と一緒の時間が増えることで、互いに“こういう一面があるんだ”と新たな発見があったりしたと思うんです。僕の場合、もし身近な人に何か起こったらと想像してはもっときちんと愛を伝えないといけないなと思ったり、海外旅行は難しい分、国内に目が向いて、それまで知らなかった日本の美しさに気づいたり。ネガティブの中のポジティブ、いろいろなものを見つめなおす期間になったと思います」

――先日、『レ・ミゼラブル』2021年公演のキャストが発表になりました。竹内さんは念願のマリウス役で出演されますね!
「英国では帰国後の『レ・ミゼラブル』のオーディションに全てをかけよう!を念頭に置いて留学生活を乗り切りました。
この4年間、マリウス役を勝ち取るために努力をしてきたので、僕の中では“努力は実る!”という一つの自信にもなりましたし、ずっとサポートしてくれた家族に一つの大きな恩返しにもなるかな、と思うと感無量です」

――どんな表現者になっていきたいと思っていらっしゃいますか?
「今は世の中がこういう状態ではありますが、それに関わらず、竹内將人の道をしっかり歩んでいきたいと思っています。一言で言えば、目指すのは“オンリーワン”ですね。尊敬する俳優さんはたくさんいらっしゃるけれど、その方々のプロフィールを見てここを真似て…というようなことではなく、僕はまだまだ勉強中の身なので、一つ一つをしっかり習得していって、自分の道を歩んでいけたら、と思っています」

(取材・文=松島まり乃)
*無断転載を禁じます