Musical Theater Japan

ミュージカルとそれに携わる人々の魅力を、丁寧に伝えるウェブマガジン

輝きの人インタビュー

上條恒彦「42年目の“牢名主”」《輝きの人インタビューvol.2》

日本初演50周年を迎える『ラ・マンチャの男』。初演から主人公を演じ続ける松本白鸚さんに次いで、本作になくてはならない存在が、牢名主役の上條恒彦さんです。もともと人気歌手だった上條さんが77年に初出演以来、800回以上もこの役を演じ続ける理由とは?

春風ひとみ「ゴール無き世界でひたすらに」《輝きの人インタビューvol.1》

最も”信頼される女優”の一人である、春風ひとみさん。代表作の『壁の中の妖精』や人気作『天使にラブ・ソングを』の話題を通して、演技の真髄、そして舞台への情熱をうかがいました。特に表現者を志していらっしゃる方にとっては、参考にしていただけるお話…